2013年度に初めて訪日外国人旅行者(以下、訪日ゲスト)が1,000万人突破!
勢いは加速し、当初、政府が掲げた目標「2020年2,000万人」を大幅に前倒しする勢いで増え続け、あらたな目標への挑戦が始まっています。
訪日ゲストの楽しみは、日本食と並び、何と言ってもショッピングです。 中国人をはじめ、特にアジア圏の人達は買い物が大好きです。




免税店(輸出物品販売場)とは、訪日ゲストに消費税を免除して商品を販売できる店舗の事です。
2014年10月から消耗品も免税対象に加わり、原則すべての物品が免税対象となりました。
さらに2016年5月から、免税の対象となる「最低購入金額」が引き下げられ、より多くの買い物をしていただくことが期待されます。




免税店になれば、消費税免税で訪日ゲストへ商品を販売できるので、来店客数増加や売上アップなど様々な効果が期待されます。



← 戻る → 次ページ「免税店になるには?」